スマホ対応がお済でない士業事務所様はご相談ください。

当社は、士業事務所が抱える
スマホサイトの SEO 対策」「集客できるスマホサイト
という2つの課題を解決いたします。

スマホサイトの運用でお悩みでしたら当社の
個別無料相談(士業向け個別相談件数最多)を
ご利用ください。

スマホサイトの SEO 対策

今までの弁護士など士業の情報提供型職種のホームページにおけるデバイス対応の考え方としては、PC サイトを立ち上げて、適切に運営していれば、PC で検索してもスマホで検索してもほぼ同じ検索結果になるので特に問題にしないというのが主流の考え方でした。

もちろん離婚などスマホサイトの閲覧率の高い業務に関してはスマホ対応しているホームページもある程度はありましたが、リスティング広告を行っているホームページ以外は、全体に占める割合としては少数でした。

ところが、

今年(2015年)Google のモバイル検索のアルゴリズムが大きく変わり
モバイル対応していないサイトは順位を下げようとしています。

検索エンジンにはかないませんので、ここに来てスマホサイトを立ち上げようというニーズはにわかに盛り上がりました。

それではどのようなモバイル対応がよいのか

一度管理したことがある方であれば、デバイス別の2種のホームページを管理するのがどのくらい手間なのかということを実感されているのではないでしょうか。

SEO 対策にはホームページの
テーマに対して適切なコンテンツを随時供給していく
という作業が必要になります。

ご自分でコンテンツを随時追加していくのは WordPress(ワードプレス)などの CMS(コンテンツ・マネジメント・システム)で作られたサイトであれば可能ですが、PC サイトにコンテンツを追加して、さらにスマホサイトにも同じものを登録するという管理は面倒です。

ここで更新が滞ったり、追加するのが PC サイトだけになってしまったりすることが予想されます。

レスポンシブ Web デザインでのサイト構築

1つのホームページを PC とスマホで自動的に切り分けるシステムにレスポンシブ Web デザインと呼ばれる技術があり、Google はレスポンシブ Web デザインを推奨していましたが、レスポンシブ Web デザインは日本では広まらないのではないかと言われていました。

しかし、今年の Google のスマホ検索の改定では
モバイル対応の本命に位置付けられています。

集客できるスマホサイト

Google のモバイル検索のアルゴリズムの変更によるモバイル対応の第一候補はレスポンシブ Web デザインになりますが、以下のケースではスマホ専用サイトも検討することができます。

  • あまり、更新しないホームページ
  • リスティング広告による集客を主眼に置くスマホサイト

更新がほとんどないのであれば PC サイトからスマホサイトへのリダイレクトとcanonicalの設定で Google のモバイル検索は可能ですので、PC・スマホサイトを別に立ててそれぞれデザイン性を持たせたものにして問題ありません。

立上げの段階で十分な情報を用意しておいて、公開後は PC サイトのお知らせなどの情報だけ管理していくような運用であればこの方法でもよろしいかと思います。

おそらくこのケースでは
PC 側のデザイン性が特に求められるか、
リスティング広告の効果を最大に高めたい場合などが想定されます。

スマホサイトのリスティング広告

原則 PC サイトと違いスマホサイトではあまりたくさんのページを見てもらえません。多くの説明を見て判断したいと思うテーマでは PC で閲覧するか、スマホと PC を使い分けるというケースが多いのが現実です。

情報提供型のサイトという視点で考えた時には、相続などのテーマでは PC サイトの訴求力のほうが格段に高くなります。

この時、集客の視点でスマホサイトを考えると、
求められるのは直感に響くデザインと情報伝達になります。

つまり情報を取得してから法律相談に行くのではなく、
まず法律相談に行ってみようと思わせるホームページです。

スマホサイトはそもそもそれほど多くのページを見られないのであれば必要な情報をスマホで最大限見やすく見てもらうという広告的な考え方です。

専用サイトであれば PC サイト、スマホサイト別の AB テストもスムーズに行うことができるというメリットもあります。

無料相談受付中

全国対応フリーダイヤル:0120-122-177(平日10:00~20:00)

ご予約いただければ土日祝日・夜間も面談対応いたします。